自営業の人がローンを通すには?

銀行ローン

自営業者って思った以上に住宅ローンが通りにくいんです。賃貸物件の審査に落ちることさえあります。
会社員の方々よりたくさん稼いでいたとしても審査だ通らない。それが実情です。

長期ローンを組むためには将来に渡って安定した収入が得られるという信用が必要です。

特に住宅ローンは借り入れ金額が数千万単為、返済期間も数十年単位。固定給の会社員と違って、自営業者は収入も不安定、病気や怪我で収入が途絶える可能性も大きい……
ということでお金を貸すには不安のある相手と思われてしまうわけですね。

安定した会社員や公務員などに適用される優遇金利も期待できません。

法人化して長年安定した商売を続けているといった場合はともかく、ライター、イラストレーター、カメラマンといった個人事業主は特に厳しいといえます。

審査が通るポイントは?

とはいえ、自営業者だって家を買いたい。
ローンの審査に通りやすくするためにはいくつかのポイントがあります。

まずは基本中の基本。頭金をたくさん貯めること!
頭金が多ければ借り入れ金額が少なくなりますから、当然審査に通りやすくなります。「3000万はかせないけど、2000万なら貸せる」となるわけです。

上田さんの例にあったように所得を抑えすぎないこともポイント。

住宅ローン審査では金融機関が3期分の確定申告書と納税証明書の提出を求めてきます。
自営業者の場合、必要経費を増やして節税するのが一般的ですが、所得全額を抑えすぎてしまうと、審査がとおりにくくなる原因に。

できれば確定申告書の所得金額が借り入れ金額の4分の1から5分の1くらいはほしいところ。
上田さんのように過去3年間の所得が安定していれば信用に繋がるというわけです。

夫婦の場合どちらかが会社員なら強いでしょう。
共働きなら連帯債務やペアローンという手も。

お互い住宅ローン控除を受けられるけメリットもあります。離婚するとめんどうかもしれませんが……。

ローンが通りやすいのはどこ?

ここがポイント
そして重要なのが金融機関。つまりどこで借りるかです。

A銀行の審査がだめだったからといって、B銀行もだめとは限りません。
一般的に住宅ローンの審査は金融機関が直接おこなうわけでなく、連携している保証会社が行います。

A銀行とC銀行が同じならどちらも同じ結果になるでしょうが、B銀行違う保険会社と連携していれば、審査がとおる可能性が出てくるわけです。
ふだんお付き合いのある銀行があるのなら、そこで検討するのも手です。

自営業者でも審査が通りやすいと言われているのが住宅金融支援機構と民間金融期間が提供する「フラット35」という全期間固定金利型の住宅ローン。
変動金利型と比べれば金利は少々高めですが、そのあたりは割り切りましょう。

ほかの借金もしていないことも大切です。
事業資金を借りている、カーローンをくんでいるといった場合、家を買うのはこれらを返済してからにしましょう。税金の滞納はもちろんご法度!

いずれにしても自営業者が家を買うなら、2~3年前から準備する必要があります。
たとえ審査が通らなかったとしても、今より貯金をためる、所得を上げるといったことで通りやすくなります。

上田さんのケースでは1当時しっかり稼いでしっかり納税していた2入籍して連帯債務にした3ご主人が講師業もしていたなど、審査に通りやすい要因がありました。ここは見習いたいですね!

朝にセブンデイズカラースムージーを飲むダイエットをしませんか?
セブンデイズカラースムージー 口コミ

ニキビトラブルでお肌に自信がないなら
ピュアレーヌの口コミ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*